きれいな白い歯

ホワイトニングで輝く白い歯に!

/images/pages/wants/wants01.jpg

人間の歯は、年齢を重ねると変色してしまいます。変色の原因は、食事だったり病気だったり薬の副作用だったりとさまざま。中には遺伝的に生まれたときから黄ばんでいる場合もあります。そこで、変色した歯を白くするためにおすすめなのがホワイトニング。

ホワイトニングとは、専用の薬剤を塗ることで、黄ばんだり黒ずんだりした歯を削らずに白くきれいにする施術です。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」、また両方を併用する「デュアルホワイトニング」の3種類があります。

オフィスホワイトニング

概要 歯科医院で行うホワイトニング
方法 高濃度の薬剤を歯に塗布し、特殊な光をあてて歯を白くします。
メリット
  • 短時間で歯を白くできる
  • 自分でやる手間がない
デメリット
  • 色の戻りが早い

ホームホワイトニング

概要 専用のマウストレーを使用して自宅で行うホワイトニング
方法 歯科医院で作製した専用のマウスピースに低濃度の薬剤を塗り、それを歯に装着します。数時間の装着を何日か続け、徐々に歯を白くしていきます。
メリット
  • 自分の都合に合わせて行える
  • 色が戻りにくい
デメリット
  • 効果が出るまでに時間がかかる

デュアルホワイトニング

概要 オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用
方法 歯科医院でのオフィスホワイトニング後、自宅でもホームホワイトニングを行うことで、即効性と持続性を両立します。
メリット
  • 短時間で歯を白くできる
  • 自分の都合に合わせて行える
  • 色戻りが少ない
デメリット
  • 費用がかかる

歯が変色する原因は?

エナメル質が薄い

歯の表面は半透明なエナメル質に覆われており、その内部にはもともと黄色っぽい色をした象牙質があります。つまり、エナメル質が薄い人は、象牙質の黄ばんだ色が透けて見えるようになるのです。

紅茶・ワイン

紅茶やワインの色素が沈着して歯が変色します。この場合、黄ばむのではなく、茶色くなったりボルドー色になったりします。

たばこ

たばこのヤニで歯は黄ばんでいきます。1回や2回の喫煙ではそれほど変化はありませんが、回数が重なれば少しずつ黄ばんでいってしまいます。

ホワイトニングができない歯

白く輝く理想の歯を手に入れることができるホワイトニング。ですが、すべての歯に効果が発揮されるわけではありません。また、施術を避けたほうがよい場合もあります。

◎人工歯

虫歯治療跡の差し歯や入れ歯、インプラント治療で入れた人工歯などには、ホワイトニングは効きません。もしホワイトニングしたい歯の中に人工歯が混じっている場合、そこだけ白くなりません。

◎虫歯の歯

虫歯に薬剤が付くと、虫歯を悪化させる危険性があります。虫歯が完治するまで、施術は避けたほうがよいでしょう。

◎エナメル質や象牙質の未発達・形成不全

エナメル質や象牙質の厚さが足りない場合や、エナメル質や象牙質の形が原因で変色してしまった歯には効果がありません。

ページの先頭へ

スマホで気軽に検索♪スマートフォンでも歯科タウン

掲載をご希望の医院様

貴院を歯科タウンに掲載しませんか?
随時お問い合わせ受付中!

詳細はこちら