矯正歯科治療

矯正歯科治療

矯正歯科治療とは、悪い歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療です。しかし、きれいな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にはありません。矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していきます。歯がふぞろいだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。
この不正咬合をそのままにしておくと、

・ 食べ物がよく噛めない
・ ことばが明瞭でなくなる
・ むし歯になりやすい
・ 歯槽膿漏になりやすい
・ 口臭の原因になる
・ アゴの関節に負担をかける
・ 歯を折ったり、ケガしやすい

などの問題がでてきます。
また不正咬合を治すことで、自分の容姿に自信が持て、今までのコンプレックスを解消できることも、重要なことのひとつです。

日本矯正歯科学会HPより抜粋

矯正治療が必要な歯並びとは?

良い歯並びというのは一般的に、歯の並びが重なりや隙間がなく、美しいなアーチを描くような形、あるいは半楕円形をしていることです。そして上アゴが下アゴを覆う形に均等に噛み合っていること、前歯が前に飛び出ていたり、傾斜していない状態のことをいいます。また歯の並びばかりでなく、口元や上あごや下あごを含めた顔全体のバランスが良いということもたいへん大事なことです。
噛み合わせには姿勢や全身状態と密接した関係があることは知っていますか?見た目に良い歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症や肩凝り、腰痛などの原因にもなるようです。

以下に、悪いとされる歯並びを6症例ほどあげておきます。 

 

過蓋咬合開咬受け口
/images/pages/feature/orthodontics01.jpg /images/pages/feature/orthodontics02.jpg /images/pages/feature/orthodontics03.jpg
咬み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えなくなってしまいます。ものをよく咬めません。 口を閉じても、前歯が開いてしまいまい、歯が上下で噛み合いません。指しゃぶりが原因になっている場合が多いです。 下の歯が上の歯より前に出ていることをいいます。うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい口調になってしまいます。
叢生(でこぼこ)出っ歯上下顎前突
/images/pages/feature/orthodontics04.jpg /images/pages/feature/orthodontics05.jpg /images/pages/feature/orthodontics06.jpg
アゴの大きさと歯の大きさのバランスが悪く、歯の生える場所がなくなっている状態です。上下間でかみ合いません。
上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯ならび全体が前に出ていたりする状態をいいます。 上も下も、歯がとびだしている状態をいいます。この症状の人は、唇が閉じづらい状態であることがよくあります。

歯並びチェック!

「矯正で歯の形が整うのは知ってるけど、私の歯並びっていいの?悪いの?」
そんなお悩みをお持ちの方は多いかと思います。下記に自宅でも簡単にできる歯並びチェックのやり方をご説明します。チェックに必要な器具はほとんどのご家庭にあるものなので、すぐにでも自分の歯並びを知ることができます。
この方法で自分の歯並びが良いのか、悪いのか、是非チェックして見てくださいね。

歯並びCHECKはあくまで、ご自分の歯並びを確認する為の目安です。ここで、ご自分の歯並びが気になった方は、矯正歯科医院で相談や検査を受けてください。

CHECK1.鏡を使ってみましょう

/images/pages/feature/orthodontics07.jpg口を閉じて軽く唇を合わせましょう。もし唇が閉じない、唇の間から歯が見える、下唇が上下の前歯の間に入り込んでいるような場合は上顎前突が考えられます。逆に下唇が上唇を覆うようになったり、下顎が極端に前に出ているように見える時は下顎前突が考えられます。上唇も下唇も何か口いっぱいにほおばったように見える時には上下顎前突が考えられます。
次に大きく口を開けて鏡に映して下さい。前歯の一本が前に飛び出していたり、小臼歯が舌の上に倒れこんだりしていれば正しい歯並びとは言えません。 

CHECK2.ボールペンを使ってみましょう

/images/pages/feature/orthodontics08.jpgボールペンを右図のように鼻と顎を結ぶよう添えてみてください。顔を横から見た時、鼻と顎を結んだ線はEライン(エステティックライン)と言われ、一般的に美しいと言われる理想の横顔は、Eラインの線上に上下の唇があるか、やや内側に位置するものだと言われています。
いわゆる出っ歯と言われるような歯並びの人はEラインが突き出してしまいがちで、受け口の人は引っ込みすぎになっているようです。
しかも、悪い歯並びや噛み合わせは笑顔までも不自然にしてしまいます。 

CHECK3.わりばしを使ってみましょう

/images/pages/feature/orthodontics09.jpgわりばしを用意して、口にくわえ、歯形を付けてみましょう。その歯形を見たときに、上下の前歯の中心点にズレはありませんか?歯型が付かなかったり、上の歯と下の歯の位置が不揃いになっていないでしょうか?その場合も正しい咬み合わせとは言えません。 


 
 

矯正治療中の方々に取材を受けていただきました!

H.Kさん・お母さん
/images/pages/feature/orthodontics11.jpg
取材内容はコチラ


 

取材を終えて、取材員のコメント

今回取材を受けていただいた方々は歯の矯正を通し、歯に対する意識が高まり、ご自身の歯を大事にしていきたいとういう思いを強く持たれていらっしゃいますね。
そして歯に対してだけではなく、ご自身の「人生」を大切にしていらっしゃるようにも思えました。そのせいか、写真でもわかっていただけるように、みなさんの笑顔が非常に印象的でした(正直、取材前は笑顔で取材を受けていただけるか不安だったもので 笑)。
矯正治療を受けた方々の中には矯正をした過去を隠そうとする方もいらっしゃるようですが、今回取材を受けていただいたみなさんのように、その素晴らしい経験を少しでも多くの方々に伝えていただき、より多くの人が笑顔になってもらえればと思います。
最後に、今回取材の場をセッティングしてくれたのむら矯正歯科様、取材を快く受けていただいたみなさん、本当にありがとうございました!

/images/pages/feature/orthodontics13.jpg

 

医院名 のむら矯正歯科
最寄り駅 小田急線 狛江駅 徒歩0分
住所 東京都狛江市東和泉1-15-8-3F
TEL 03-3950-4618
診療時間 平日
11:00 ~ 13:00 /
14:00 ~ 19:00 
休診日 月・木・祝祭日

 

今回取材を受けていただいた患者様は、のむら矯正歯科様にて治療中でいらっしゃいます。 
 
 

ページの先頭へ