一般歯科体験記

虫歯治療をはじめとした一般歯科体験レポート

「多すぎた虫歯」

29歳 会社員(男性)

毎日しっかり歯磨きをしていたつもりなんですが、突然歯が痛み出して、我慢できなくなったので近くの歯科医院に行ってみました。すると、なんと全部で8本もの虫歯が! 特に痛むものは、神経ギリギリまで虫歯が進行していて、それ以外にも同じような段階まで進行しているものが2本。残りは小さな虫歯でしたが、削って詰め物をしないと治らないということでした。カメラで口の中を見たときには、自分でも虫歯の多さにびっくりしましたね。

さらに軽度の歯周病だと言われて二重のショック。これはさすがに徹底的に治療すべきだと思いました。それから、週に1度のペースで通院を続けて、こないだようやくすべての歯が完治! しばらくは安心できそうです。でも「痛み出したときにはもう遅い」ということがよくわかったので、今後は予防のために定期検診を受けようと思っています。

「根管治療体験」

31歳 会社員(男性)

子供の頃から歯の病気とは無縁だった私。歯医者にもほとんど行ったことはなく、自分は歯が丈夫なんだと思いこんでいました。ところが1年ほど前、冷たい飲みものを飲んだときに歯がしみるような感覚がありました。はじめは知覚過敏かなと思って放っておいたのですが、しみる感じは徐々に痛みへと変わっていきました。

そろそろまずいと思い近所の歯医者に行ったところ、診断結果は「虫歯」……。しかもかなり悪くなっていたようで、先生からは「どうしてもっと早く来なかったんですか!」と言われたほどでした。歯の神経を取って中を消毒する根管治療という治療を受けたのですが、最後に金属を被せて治療が終わるまで10回も歯医者に通いました。こんなに大がかりな治療になるのなら、もっと早く行くべきだったとつくづく後悔しました。

今は虫歯はありませんが、自分の口の中に金属が入っているのは嫌なものです。ずっと歯が健康だと思って油断していたことを反省し、今までの歯磨きに加えてフロスなども使って丁寧に歯のケアをするように心がけています。

ページの先頭へ