ホワイトニング

口元の美しさは第一印象に大きく影響します。特に笑ったときに見えるは歯に着色汚れがあると「相手にどう思われるだろう」と気にする方は多いはず。そんなときに選択肢になるのが歯のホワイトニングですが、歯科医院で受けられるホワイトニングは費用が高額で、なかなか手が出せない方も多いでしょう。

しかし歯科医院で受けられるホワイトニングには3種類あるのをご存知ですか?それぞれ特徴や費用相場に違いがあるので、さっそくこの記事で見ていきましょう。近年「安くホワイトニングを受けられる」と話題のサロンでのケアについても解説しますので、歯のホワイトニングを検討している方はぜひ参考にしてください。


歯科医院のホワイトニングの値段が高いのはナゼ?

歯科医院のホワイトニング3種類と料金相場

歯科医院のホワイトニング

歯科医院で行われる歯のホワイトニングは、大きく以下の3種類あります。

・ホームホワイトニング
・オフィスホワイトニング
・デュアルホワイトニング

それぞれの特徴や料金相場を見ていきましょう。

ホームホワイトニング

歯科医院でマウスピースを作成し、自宅でマウスピースにホワイトニングの薬剤を注入し、装着する方法です。1日の装着時間は2時間程度で、およそ1〜2週間で効果が出始めると言われています。

じっくり時間をかけて歯を白くしていく方法で、頻繁に歯科医院に通わなくてもいいのがメリット。費用の相場は、マウスピースの製作費に15,000〜25,000円程度。これにホワイトニングの薬剤の費用が1週間で約5,000円プラスされます。

つまり効果が実感できるまで(約1〜2週間)にかかる総額は2〜3万円程度と見積もっておきましょう。

オフィスホワイトニング

クリニックホワイトニングと言われることもあります。歯科医院で処置を受けるホワイトニングの方法で、歯科医師や歯科衛生士といった有資格者が処置をするため高濃度の薬剤を使用できます。そのため短期間で歯を白くしやすいメリットが。

薬剤には「過酸化水素」が配合されており、塗布したところから汚れを落とすことが可能。さらに光を当てて薬剤の効果を高めます。

料金相場はホームホワイトニングの倍ほどとなり約3〜7万円。継続しないと歯は元の色に戻ってしまうため、定期的な通院が必要です。

デュアルホワイトニング

ここまで紹介したホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせた方法。自宅と歯科医院での処置を同時並行していく形なので、もっともメリットが得られるでしょう。

ただし2つの方法を組み合わせるので料金も高額に。相場は5〜10万円程度ですが、10万円を超えるケースもあります。


ホワイトニング完了後のメンテナンス費用も必要

メンテナンス費用

ホワイトニングによって歯が白くなったあと、その白さを維持するためにはメンテナンスが必要です。つまりイニシャルコスト以外にもメンテナンスのコストがかかることを忘れてはなりません。

ここで3種類のホワイトニングにかかる、1年あたりのメンテナンス費用の相場を確認してみましょう。

・ホームホワイトニング:1万~1万5千円
・オフィスホワイトニング:1万5千~3万円
・デュアルホワイトニング:1万~3万円

以前取材した恵比寿の歯科医院「ココロデンタル(COCORO DENTAL)」院長 小林弘樹先生によると、ホワイトニングのあと、個人差はあるものの半年〜1年で色が戻ってしまうといいます。

参照:セラミックを使用した治療のメリットとは?審美治療に注力する恵比寿の歯医者にインタビュー

せっかくきれいになった歯を長く白く保つためにも、ホワイトニングを検討する際は初めからメンテナンスの費用についても考えておきましょう。


ホワイトニングの費用に保険はきくの?

ここまで3種類のホワイトニングの特徴と費用相場などを見てきましたが、いずれも料金には幅がありました。それはホワイトニングが保険診療ではなく自由診療だからです。

ホワイトニングの費用には保険がきかず、各歯科医院は自由に料金を設定できます。またホワイトニングで使用する薬剤や使用機器によっても費用が異なりますので、詳細を確認してから歯科医院を選ぶとよいでしょう。


歯医者以外でやるホワイトニングとは?

ホワイトニングサロン

医療機関ではない、いわゆる「ホワイトニングサロン」でケアする方法もあります。医療機関ではないため、ケアのための作業を行うのは自分自身。そのため「セルフホワイトニング」と呼ばれることもあります。

サロンのホワイトニングで使われるのは「酸化チタン」や「ポリリン酸」などがメイン。LED照射で汚れを浮かせたり、超音波で薬剤をしみわたらせたりするものなどがあります。

料金相場は1回2,000〜5,000円程度、15,000円/月で通い放題といったサロンもあり「安価で通いやすいホワイトニング」として近年人気となっています。

セルフホワイトニングの注意点

サロンで行うセルフホワイトングは、歯科医院で行うホワイトニングと比べ費用が安価です。一方、サロンでは医療機関で使用するような過酸化水素は使用できません。「歯の汚れを落とし、歯本来の色に近づける」のが目的ですので、あくまでもクリーニングの一環と考えておきましょう。

医療機関のホワイトニングは高い効果が期待できる一方で、歯の状態のよってしみて痛みが出るリスクもあります。その点セルフホワイトニングは痛みなどが発生するリスクは低く、コストも低いため気軽に行いやすいメリットはあります。

ホワイトニングをしてもらう機関を選ぶ際は、このような両者のメリット・デメリットも検証し、納得した上で選択するようにしましょう。


ホワイトニングは値段だけでなく効果も十分に検証!

歯を白く美しくするために効果的なホワイトニング。歯科医院で受けるホワイトニングの費用相場は高額で、安価で始められるサロンでのケアを検討される方も多いかもしれません。しかし歯科医院で受けるホワイトニングは高額な分、ホワイトニング効果の高い薬剤を使用できるメリットがあります。一方で痛みが発生するリスクもあるため、ホワイトニングを受ける機関や方法を選択する上では、費用対効果やメリット・デメリット双方を十分に確認することが大切です。値段だけで決めるのではなく、モチベーションを保ちやすい方法を検討するのも1つの手でしょう。

ホワイトニングが可能な歯科医院一覧はこちら>>