歯科タウン サっと検索、パパっと予約。 神奈川県版

医療法人社団 恵真会(けいしんかい) エミデンタルクリニック

横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘の歯科医院「エミデンタルクリニック」が大事にしている医院コンセプトについてご説明します。
予防歯科に力を入れています
当院では、「治療」以上に「予防」を重視しています。むし歯や歯周病は初期段階で自覚症状がほとんどなく、気が付いたときにはかなり進行してしまっている怖い病気。進行具合によっては、痛みをともなう治療・時間やお金がかかる治療が必要になるケースも少なくありません。そういった治療をしなくて済むように、歯を健康な状態で維持するのが予防歯科の目的です。
歯医者は「痛くなってから行く場所」ではなく「痛くなる前に行く場所」であることが理想です。早期発見・早期治療に努めることで、痛い思いをすることなく、生涯にわたって健康な歯を守れます。
痛みの少ない治療を心がけています
すべての患者さんに歯医者への苦手意識をなくしてもらえるよう、当院では痛みの少ない治療に努めています。麻酔時には、塗る麻酔(表面麻酔)で注射時の刺激を軽減。通常よりも細い針を使用し、それでも痛みを感じる場合には超音波を患部に当てることで苦痛を和らげます。
また、むし歯や知覚過敏、歯周病の治療時には、レーザーを使用。それによって痛みが少なくなるだけでなく、炎症の軽減や術後の回復促進にもつながります。
“来られなかった患者さん”もケアします
 「予約を入れていたのに、日時を勘違いしてすっぽかしてしまった」
 「定期検診のハガキを捨ててしまい、いつ行けばいいかわからなくなった」
このようなことがあると、何となく歯医者に行きづらくなってしまうもの。しかし、完治目前だった歯を不完全なまま放置したり、歯のメインテナンスを怠ったりしてしまっては、むし歯・歯周病の再発によってそれまでかけた時間や費用が無駄になってしまう可能性もあります。当院では、通院いただけなくなった患者さんに対してお電話やおハガキでご連絡を行い、歯の健康維持について丁寧にご説明しています。
患者さんが望まない治療はしない
歯科医師が正確な診断を行い、適切な治療をご提案することはもちろんですが、最終的には患者さんの意思にしたがって治療内容を決定しています。当院が目指しているのは、患者さんに「やってもらってよかった」と言っていただくこと。そのためには、““歯科医師主体の治療”ではなく、“患者さん主体の治療”であるべきだと考えています。