ヨコスカHAインプラントセンター(ナガシマデンタルクリニック)

横須賀HAインプラントセンター(長島デンタルクリニック)

神奈川県横須賀市大滝町2-15-1 横須賀東相ビル9F

診療予約はこちら

046-820-6620

ご予約の際は「歯科タウン」を見たと
お伝えください。

診療メニュー
インプラント
その他サービス等
専門医常駐

PC・携帯に送る

横須賀HAインプラントセンター(長島デンタルクリニック)からのメッセージ

2004年から当インプラントセンターでは、従来のチタンインプラントからチタンの表面にハイドロキシ・アパタイト(HA)をコーティングしたHAインプラントを使用しています。HAインプラントは

 

1,歯周病や歯が割れたために、歯を抜いて歯茎が治癒してからインプラントを入れる。

2,上の顎の骨が薄いので、骨を再生するまで数か月待ってインプラントを入れる。

 

のように、インプラント手術をするまで数か月間待つ必要はありません。そのため手術回数や治療期間が少なく、患者さんの精神的、肉体的に負担を軽減し、治療費も削減できるなど、たいへん多くの患者様に喜ばれています。

 

インプラント治療は治療費が高い、治療期間が長い、または術後腫れる、痛むなど特に御高齢の方はなにかの持病をお持ちの方も多いので、インプラント治療はしたいけど、足が遠のいてしまう方も多いと思います。しかし当院ではこのような全身的な疾患をお持ちの方や、インプラント治療に恐怖心の強い方などには静脈内鎮静法(リラックス麻酔)を併用しております。専門の麻酔医により全身管理ができますし、手術中のことは全く覚えていないため、とても安心して治療を受けることができます。

 

お口の機能は「食べるだけ」ではありません。発音、味覚、脳への刺激、免疫物質の分泌、顔貌の形成、ストレスの発散など、数えきれない働きがあり、私たちのコミニュケーションの形成や生命の維持に大きな役割を果している重要な体の一部といえるでしょう。

 

歯を治療する3つの方法(入れ歯、ブリッジ、インプラント)のうち、いまやインプラント治療は現在の歯科医療においては、第一選択枝となっています。このインプラントを用いて患者様の失われた機能を回復し、QOL(クオリティーオブライフ)の向上の一助になればと心から願っております。当院はスプラインHAインプラントのインストラクターでドクター向けの講習会(年に数回)や他の医院でのインプラント手術(月に数回)を行っており、正しくインプラントが普及するよう努めております。

コンセプト

インプラント治療については、昨今マスコミや雑誌等でインプラントに対するネガティブな記事が掲載されました。また他の治療方法と比べて複雑で分かりにくい点が多く、ましてや外科処置ですので不安を抱える方が多いのも事実です。当インプラントセンターでは最新CT(ファインキューブ)による3D画像診断等を使って、患者様に分かりやすく説明する十分な時間を設けています。インプラントはしたいけれど、インプラントと顎の骨と付かなかったどうなるの?またはインプラントは何回でも手術できるの?等インプラント手術を受けよう思うと、さまざまな心配事が出てきますが、それについては豊富な臨床経験から患者様のインプラントに対する疑問点にすべてお答え致します。

 

インプラントは従来の入れ歯やブリッジと比べ、お口の噛み合わせを安定することができ、お口の機能を活性化するには最善な治療法といえると思いますが、全く完璧な治療法とはいえません。お口の清掃を怠れば天然歯と同じようにインプラント周囲炎になる可能性もありますし、歯ぎしりや食いしばりが原因で歯を失った方はインプラントを入れることで、再び歯ぎしりや食いしばりが元通りになり、その大きな力によって、被せ物が壊れたり、インプラントを失うことさえあります。

 

ある著名な先生が「歯科界においてインプラントは20世紀最大の発明」といっています。私もその通りだと思います。インプラントは噛めることだけでなく、健康増進で長生きに大きく関与しています。ただインプラントは噛める機能は回復しますが、歯を失った原因はなくすことはできませんので、それぞれの患者様の自己管理が重要です。インプラントは入れたら終わりではありません。インプラントという素晴らしい治療法を活用するためにも、定期検診はかならず受けて下さい。

 

アクセス

京浜急行「横須賀中央駅」西口徒歩5分
JR「横須賀駅」バス5分「大滝町」下車徒歩3分
横浜横須賀道路 横須賀IC 有料道路本町山中線[200円]・国道16号横須賀ICから5分 

診療時間

平日
土曜
9:00~12:30/14:00~18:30
9:00~12:00/13:30~17:00
休診日 木曜日・日曜日・祝祭日

※診療科目や診療時間などについては詳しくは直接医院にお問い合わせください。