噛める喜び

しっかり噛める歯がよみがえる!

本物の歯と同じように噛める「第2の永久歯」

歯を失うと、食事はもちろん会話も不便ですよね? 
そんな状態を改善するのが「インプラント治療」です。歯を失った部分のアゴの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を取りつけます。

他の補綴治療との違い

一般的な補綴治療(歯を補う治療法)として広く知られているのは、入れ歯やブリッジ。この2つは目立ったり周りの歯に負担をかけたりすることがデメリットですが、インプラントはアゴの骨に埋め込んで固定するため本物の歯のようにしっかり噛むことができ、周りの歯にも負担がかかりません。

インプラントのメリット

ズレない アゴの骨に人工歯根を直接埋め込むため、入れ歯のようにズレたり外れたりする心配はありません。
健康な歯を削る必要がない ブリッジのように健康な歯を削って支えにする必要がありません。
見た目・機能に優れている 見た目も噛み心地も天然歯とほとんど変わりません。
発音がスムーズ 入れ歯のような発音のしづらさはなく、スムーズに会話ができます。
金属アレルギーが起こらない インプラントに使用されるチタンは金属アレルギーをほとんど起こさないため、安心です。

アゴの骨が薄い場合の「骨再生療法」

インプラントはアゴの骨に埋め込まれますが、アゴの骨が薄いとインプラントが埋め込めないことがあります。従来であれば、そのような場合は治療ができませんでした。しかし現在では骨の厚みを補う「骨再生療法」によってインプラント治療が可能になってきます。

ソケットリフト 上アゴの骨に厚みが足りない場合に行う治療法です。上アゴにある「上顎洞(サイナス)」という空洞を押し上げ、骨を補う素材(骨補填剤)を入れます。
サイナスリフト ソケットリフトが行えないほど上アゴの骨が薄い場合に行う治療法です。上顎洞に人工骨を移植したり、骨補填剤を入れたりして骨の量を補います。
GBR インプラントを固定するアゴの骨に高さや厚さが足りない場合に行う治療法です。骨が足りない部分に骨補填材を入れ、特殊な膜を張ることで骨を再生させます。

世界で使われるさまざまなインプラント

現在世界中には多くのインプラントメーカーがあり、インプラントの種類も数百種類あります。大きさや形などはそれぞれ異なり、しっかり合うものを選ぶことが非常に重要です。こちらでは、その中でも特に評価が高いものをご紹介します。

ブローネマルク スウェーデンのノーベルバイオケア社で開発された世界初のインプラントです。世界中でもっとも多くの実績を持ち、高い信頼性を誇っています。
ストローマン スイスで開発されたインプラントです。比較的短いため、アゴの小さい日本人に適しています。
リプレイスセレクト ブローネマルクと同じノーベルバイオケア社のインプラントで、コンパクトにつくられているのが特徴です。そのため、アゴの小さい日本人に適しています。
アストラテック 骨との結合が強固になるようにつくられたインプラントで、非常に高い治療成功率を誇っています。患者さんへの負担も軽いのが特徴です。
スイスプラス ストローマンと100%の互換性を持ったインプラントで、アゴとの結合が早く治療期間が短いため、患者さんの負担が軽くなります。

ページの先頭へ

スマホで気軽に検索♪スマートフォンでも歯科タウン

掲載をご希望の医院様

貴院を歯科タウンに掲載しませんか?
随時お問い合わせ受付中!

詳細はこちら