イリョウホウジンシャダン シカイトイイイン

医療法人社団 歯科糸井医院

東京都港区北青山2-9-10 

03-3401-2592

院長紹介

 

院長 糸井 健太郎
院長 糸井 健太郎

略歴

国分寺市立第六小学校
桐朋中学
桐朋高校
日本大学歯学部
日本大学医学部附属板橋病院
歯科口腔外科(現在も研究医員)、医学部麻酔科研修終了

所属団体

日本口腔外科学会 会員
日本放射線学会 歯科エックス線優良医
ITI(International Team for Implantology)会員
UCLA Implant Association Japan 会員

当院のコンセプト

■矯正歯科について
原因を解決しないで、進める治療は意味がありません。
原因は「その歯」とは限らないのです。「1本の歯」だけ、「入れ歯」だけ、「抜けた歯」だけを診て治療していては問題が解決しない場合が多いです。
「悪い生活習慣」等が、大きく関与している場合も多々あり、総合的な視点で診断する事がとても重要です。他の矯正歯科で、矯正治療を終了した後、「がっかりした」とおっしゃるお客様が多くおられます。
その様なお客様を拝見させて頂きますと「歯並び」は、確かに綺麗ですが、歯や歯茎の色・形状は改善されず、まだ悩みが続いているケースは多いようです。

■小児歯科について
子どもたちのための歯医者さんです。医科の小児科と同じように、子どもさんを専門にまたは中心に予防や保健指導、治療をしています。
専門の知識と技術を持ったスタッフと設備で対応していますから安心です。歯の治療は大人でも嫌なものです。大人は我慢できることでも子どもにとっては大変です。特に小さいお子さんの場合は次のことに注意して下さい。
(1)幼児の治療は体調の良い午前中に受診することをおすすめします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。
(2)なるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。
(3)幼児は歯科治療で嫌がって泣いたり暴れたりすることもあります。汗をかきますので下着などの着替えを用意してきて下さい。
(4)待合室ではなるべくリラックスさせるように保護者の方が本を読んで聴かせたり、おもちゃで遊ばせてあげて下さい。乳歯も永久歯も虫歯の治療に特に違いはありません。穴が開くようなむし歯は削って金属やプラスチックで詰めるのが基本です。
もっと深いむし歯や痛んだ歯は神経を取るような処置をして金属冠をかぶせたりします。
いずれの処置も麻酔をして治療されることが多く、時間もかかりますので子どもさんにとっては嫌なものです。 乳歯はどうせ生えかわるものというのはまちがいです。お子さんの正常な成長発育には欠かせないものです。きれいな乳歯はきれいな永久歯や正常な歯ならび・かみ合わせへの第一歩です。治療と同時により予防もさらに大切です。
歯科疾患は早期発見・早期治療も大切ですが、予防がさらに最優先されます。歯は悪くなったとしても、現在の最新の歯科医療では様々な治療ができますが、いくら良い治療を行っても元の自然の歯にはかないません。生涯自分の健康な歯を保持するためにも、お子さんのときからの「かかりつけ歯科医師」をもって歯科疾患の予防と定期管理を心がけましょう。

 

ページの先頭へ

アクセス

銀座線 外苑前駅 3番出口 徒歩3分

診療時間

月・火・水・金・土 10:00~12:00/14:00~18:00
休診日 木・日・祝日

※診療科目や診療時間などについては詳しくは直接医院にお問い合わせください。