かみ合わせ

かみ合わせ

/images/pages/feature/occlusion01.jpg

皆さんは、「いきなり頭痛が…」「なんでこんなに肩がこるんだろう…」などと、
原因不明な体の不調を感じることはありませんか?
これらの症状は、上の歯と下の歯の『かみ合わせ』が悪い為に起きている可能性があるのです。
『かみ合わせ』とは見た目の歯並びの悪さのことだけでなく、上の歯と下の歯の当たり方のことも意味します。『かみ合わせ』は人の身体にとって非常に大切なもので1本1本の歯の当たり方次第で、負担を感じたり、骨格が変化してしまうこともあるのです。

ですので、『かみ合わせ』が悪いと体に悪影響を及ぼすことになるのです。 

悪いかみ合わせが起こす症状

/images/pages/feature/occlusion02.jpg 上の歯と下の歯を合わせたときに、均一に力が入らずに、バランスの悪い力の入り方をしてしまうことを『かみ合わせが悪い(不正咬合)』と言います。
歯並びが綺麗だとしても、見た目ではわからない事もよくあるので、自分のかみ合わせについて考えたことがない人も多いと思います。ですが、かみ合わせが悪いまま放っておくと、徐々に自分の体に異変が現れてくるのです。
かみ合わせを悪い状態で放っておくと、虫歯や歯周病になりやすいだけでなく、全身の筋肉や骨に影響を及ぼしてしまうのです。
顎の骨は、全身の骨と繋がっています。ですので、かみ合わせがズレるとまず顔が歪み、次に首、背骨、腰の骨…と全身が歪んでいきます。それによって全身のバランスがとれなくなり、肩こりや腰痛、慢性的頭痛、目のかすみや吐き気、更には鬱症状さえも引き起こしてします様になるのです。   
 

かみ合わせの治療方法

 かみ合わせの治療方法とは、顎を正しい位置に安定させる治療のことです。
ですので、前に述べたように、『歯並びを綺麗にする治療』とは違うのです。
かみ合わせの治療法のひとつに『スプリント治療』というものがあります。
『スプリント』とは、より楽でバランスのとれたかみ合わせの位置をさがし、顎のバランスを整えるプラスチックの装置です。また、上下の歯が直接咬み合わない様にする為のクッションのような物であり、『歯ぎしり』や『食いしばり』などの衝撃から歯を守ることができるのです。かみ合わせ治療の第一選択として広く用いられています。
また、直接先生に相談して、その人に一番適した治療法で治療してもらうのも良いでしょう。
 

/images/pages/feature/occlusion03.jpg    /images/pages/feature/occlusion04.jpg

かみ合わせをずらさない為の予防

/images/pages/feature/occlusion05.jpg 人間は重力に対して前後左右バランスよく生活している時が、一番体への負担が少なく、健康的に過ごすことができます。
例えば、右利きの方は左で、左利きの方は右で、いつも行う動作を反対の手や足で行ってみましょう。
他にも、利き歯ばかり物を噛まずに、反対の歯でも噛む事を心がけましょう。
利き手や利き歯と反対の手や歯で生活を続けるだけでも、何か変化を感じるでしょう。
要は、片方にだけ偏った動きをせず、両方にバランスのとれた動きが大事になってくるのです。
幼児期や小児期の顎関節は柔軟なので、環境や生活習慣を整えることにより、適切な顎関節の成長を促すことが出来ます。

今では、顎のズレを予防する枕なども販売しています。それだけ、かみ合わせについて世間の人々が注目し始めたということですね。かみ合わせのズレによる体の異変が起きる前に、自分自身のかみ合わせについて知ることが最も重要です。
自分の体の異変やアンバランスさを感じなかったとしても、一度歯医者さんに行って検査してもらうことをおすすめします。
もしかしたら、あなたの気づかないところで、着々とかみ合わせがズレているなんてことも…。 

今月の歯科タウン事務局PickUP医院

ホープデンタルクリニック 村山歯科医院
/images/pages/feature/occlusion06.jpg 【住所】
埼玉県朝霞市岡
1-17-18
【TEL】
048-462-4183
/images/pages/feature/occlusion07.jpg

【住所】
東京都八王子市長房町1562-32
【TEL】
0426-65-5281 

>>詳細はこちら

 

ページの先頭へ