審美歯科体験記

美しい口元を実現する審美歯科の治療体験

「就職面接のためにセラミッククラウンに」

22歳 学生(女性)

中学生の時に、医療ミス(?)で前歯の神経を抜かれてしまいました。そのせいかだんだんと前歯が黒くなっていって、生活に問題はないんですけど、就職活動の面接時に印象が悪くなってしまうのではと心配になって歯医者さんに相談に行きました。

そこで先生から提案されたのは、歯の表面を削って、その上にセラミックの差し歯をつけるという治療法です。高い治療でしたが、今まで前歯の黒ずみが気になっていたし、親もお金を出してくれるというので、思いきって治療を受けてみることにしました。

治療が終わったあとの歯はとてもキレイで、顔の印象が明るくなったような気がしました。しかも、隣の歯と色が同じことにも驚きました。写真写りで恥ずかしい思いをすることもなくなって、自信を持って面接に臨むことができました。やってよかったです!

ページの先頭へ