レオーネキッズデンタルクリニック 荻原先生にインタビュー

今回は東京都荒川区の「レオーネキッズデンタルクリニック」院長 荻原先生にお話を伺いました。

基本に忠実。教科書通りの診療を心掛けています。

レオーネキッズデンタルクリニックの特徴や雰囲気を教えてください。


スタッフみんなが子供好きという点ですかね(笑)
チャイルドマインダーというイギリスの保育資格があり、当医院はその資格を持ったスタッフがいるので、安心してお子さんを預けていただけます。
雰囲気に関しては、私自身が色彩検定の資格を持っていますので、医院内の色味にはかなりこだわっています。
3才未満の子供は認識しやすい黄色を好みますので、診療室は黄色を基調にしています。待合室に関しても子供がリラックスできる様に、落ち着きを与える青色を基調にしております。
小さな気配りかも知れませんが、お母さん・お子さんが安心して治療を受けられる環境作りには注力しています。

治療の際に大切にしていることは何ですか?

基本に忠実。教科書通りの診療を心掛けています。
ラバーダム防湿法という治療法を当院では用いています。本来は用いるべき手法なんですが、実際の所多くの歯科医院で使われていないのが現状です。メリットとしては、唾液やバクテリアから治療する歯を隔離できますし、治療器具で口腔内を傷つけてしまう可能性もかなり軽減できます。
あとは、治療をする際に口腔内写真を使いながらしっかり時間をとってカウンセリングをしています。やはり口の中は重要ですし、なによりお子さんは歯科医院に恐怖心を持っている場合が多いです。安心して治療を受けてもらうために、やはりカウンセリングは欠かせませんね。

どこの医院でもしっかり診療が
受けられる様になる事が理想です。

印象に残っている患者様とのエピソードを教えてください。

遠くから通われていてお子さんで一通りの診療が終わったので、あとは自宅近くの医院に通った方が良いんじゃないかとお母さんに進めたんですよ。
実際そちらの医院さんには連れて行こうとしたそうなんですが、しばらくしてから「荻原先生のとこじゃないと嫌だ!」と、お子様がダダをこねたらしく、すぐ戻ってきてくれたんです。
歯医者は絶対嫌なはずなのに、それでも私やスタッフの事を信頼してくれて戻ってきてくれる事はかなり嬉しかったですね。
ただ医療人としてはどこの医院でもしっかり診療が受けられる様に意識付けをしていく事が必要なので、単純に喜んでいいのかどうかは少し難しいところなんですけどね。

患者様に向けてメッセージをお願いします。

小学生まではお子さんの仕上げ磨きは必ずしてあげてください。
最近は全体的に虫歯の数は減ってきていはいますが、それでもまだまだ多いのが現状です。
最近はお子さんの自発性や、お母さんがお忙しい等の理由で歯磨きはお子さんに任せっきりというケースがかなり増えています。
私も治療していていつも感じるのですが、その場合かなり磨き残しが多いです。
しっかりお母さんが仕上げ磨きをする事で磨き残しが少しでも減れば、結果的に虫歯予防につながりますので、仕上げ磨きはしてあげてください。

医院データ

医院までのアクセス
日比谷線 三ノ輪駅から徒歩7分、都電 三ノ輪橋駅or荒川一中前から徒歩5分
診療時間
平日
第1・3土日
10:00~19:00
10:00~17:00
休診日 木、祝、第2・4土日
医院情報
住所 東京都荒川区南千住1-2-2
お問い合わせ TEL: 03-3801-0648
診療メニュー 小児歯科

ページの先頭へ