よねづ歯科クリニック 米津先生にインタビュー

今回は東京都杉並区の「よねづ歯科クリニック」院長 米津先生にお話を伺いました。

お口の機能と形態のバランスを考えて全体的に矯正することが大事

よねづ歯科クリニックの特徴や雰囲気を教えてください。

当院は治療を押しつけるのではなく、十分に患者さんと話し合い、納得いった上で治療を行っております。
その為、30分は患者さんとお話ししていますので、じっくりと歯に対するお悩みやご質問を伺えます。
元々、入れ歯、インプラント、歯周病治療に力を入れていますが、開業当初からこの地域では矯正治療をご要望される患者さんも多く、矯正治療にも力を入れています。

治療の際に大切にしていることは何ですか?

当初は、よねづ歯科クリニックで矯正治療を行っていなかったので、矯正専門の医院さんに患者さんをご紹介していました。
しかし、これには問題がありました。
矯正治療から戻ってきた患者さんの中には、噛み合わせが悪く知覚過敏をおこし冷たいものにしみるようになっていたり、食事のたびに歯と歯の間にものが詰まるようになっていたり、強い歯ぎしりに悩まされていたりするケースが見られました。
確かに見た目はキレイにはなっていましたが、お口の機能としては悪化していました。
私は元々噛み合わせを重要視していましたので、これではいけないと自ら矯正を学び、現在では他の矯正医院さんに患者さんを向かわせることなく当院で治療を完結させるようになりました。
矯正治療後、歯並びが戻ってしまうのは、患者さん個々の骨格や機能を十分に理解せず、ただ単に歯を動かしていただけというケースです。
いかにお口の機能と形態のバランスを考えて全体的に矯正するかが大事と考えます。

むし歯や歯周病の健診だけではなく、
一度は噛み合わせの検診を受ける事をお勧めします。

噛み合わせを重要視しているとのことですが、他にも注意点はありますか?

噛み合わせが悪い歯は、歯周病の進行が早くなってしまうのも事実です。
プラークコントロールだけでは歯周病の治療や予防は難しい場合がありますし、さらに、原因不明の頭痛や肩こりなども噛み合わせから来ていることもありますので、むし歯や歯周病の健診だけではなく、一度は噛み合わせの検診を受ける事をお勧めします。

患者様に向けてメッセージをお願いします。

昔は、年をとれば自然に歯は抜け落ち、入れ歯を入れるのが当たり前といわれていました。
今でも、その傾向は少なからず続いています。なぜなら、お口の中の組織は、外敵である細菌の攻撃に常にさらされているし、噛むという行為で繰り返し大きな荷重を受けております。
これほど過酷な状況にさらされている組織は他にはないといってもいいのではないでしょうか。
それでは、歯を失うことを避けることはできないのでしょうか?
100%避けられるとはいえませんが、お口の中の環境を整えることと十分な口腔ケアを続けることでかなりの確立で病気を予防することができるようになってきたと思います。
要は[やる気」が大切です。
当院の目標は、患者さんがやる気になったときにその気持ちに十分応えられる医療情報(知識)、技術を提供できるようになることです。
そのために、日々進歩するよう努力しております。
昔から医者にかかっているのにどうして悪くなるのだろう。なんとかこれ以上悪くしたくないと思われる方はぜひ一度、相談にいらしてください。
きっとなんらかの可能性を感じることができると思います。

医院データ

医院までのアクセス
西部新宿線 上井草駅 下車徒歩0分(ファミリーマート3F)
診療時間
月・火・金

10:00~13:00/15:00~21:00
10:00~13:00/15:00~19:00
10:00~13:00/14:30~19:00
休診日 木・祝祭日
医院情報
住所 東京都杉並区井草5-4-11 宮ビル301
お問い合わせ TEL: 03-5382-1188
オフィシャルサイト http://www.yonezu-dent.org/
診療メニュー 一般歯科、小児歯科、矯正歯科、インプラント

ページの先頭へ