中村デンタルクリニック 中村先生にインタビュー

今回は東京都練馬区の「中村デンタルクリニック」院長 中村先生にお話を伺いました。

治療後は必ず笑顔で帰ってもらう

小児歯科を専攻したのは何故ですか?

局所的な治療ではなく、口腔内から全身まで診れる様な歯科医師になりたかったのが理由ですね。
小児歯科は包括治療と言われるように、子供は成育過程にあるため、今後の成長を視野に入れて診療をしていく必要があります。
虫歯や噛み合わせといった歯に付随する問題だけでなく、症状によっては歯以外に問題がありそうなケースはよくあるんですよ。
そういった場合は、症状に合わせた専門の病院を紹介し、1度そちらでの診療を受けてもらえるように説明しています。
こういった形で、単に歯を治すのではなく、疾病を治すという観点で診療を行っています。

治療の際に大切にしていることは何ですか?

こだわりは、治療が終わった時に笑顔で帰ってもらう治療をする事ですね。
当医院の方針として子供が嫌がる事はしないということを心掛けています。
とは言っても歯医者を嫌がらないお子さんはとても少ないわけで、治療前は嫌がっていたけど、治療に入る時には嫌じゃなくなっているという事です。
見た事のない機械を突然口の中に入れられのは当然誰もが嫌なものです。この機械は怖い物じゃないとお子さんに認識してもらうために、実際に機械を触ってもらい、道具の説明をしています。そうする事で子供も怖い物ではないと認識し、嫌がらずに治療を受けてくれるようになるんですよ。
そういった点で考えると、最良の治療のために大切にしている事というと、しっかり納得・安心してもらえるまでカウンセリングを行うという事ですかね。

お子さんのお口の中にしっかりと興味を持ってください

印象に残っている患者様とのエピソードを教えてください。

こだわりや最良の治療のためにやっている事が実を結んだ結果になるのですが、最初は泣きじゃくって治療を嫌がっているお子さんが自分から「じゃあやる!」って言ってくれた時の事ですかね。
嫌がっている理由はやっぱりタービンのキーンという音や、治療が怖いという理由からです。
実際にお子さんとお話しながら、何で嫌なのか?何が怖いのか?理由をまずはしっかりと聞きます。
その上で機械を実際に触ってもらい、怖くない物だとわかれば子供は素直なのでしっかりと治療を受けてくれます。
そうやって治療を受けた子供達にはこれから先も痛い思いをして欲しくないので、しっかりと予防やメンテナンスに通ってもらいたいですね。
母子分離はせずに、治療の際にはお母さんにも隣にいてもらっています。
実際にお子さんの口腔内や治療風景を見る事で、お母さんのお子さんの歯に対する意識も高まり、しっかりとした予防を心掛けてもらえています。

患者様に向けてメッセージをお願いします。

最近はネグレクトといった育児放棄に近い様な事も多く、ほとんど歯医者に通わない方が多くいらっしゃいます。
子供の虫歯を放置すると、噛み合わせが崩れたり、食べられる物の制限等により子供の成長にもとても大きく関わってきます。
お子さんのお口の中にしっかりと興味を持ってください。そして虫歯にならないようにしっかりとしたケアを行っていただければと思います。

医院データ

医院までのアクセス
豊島園駅から50m
診療時間
月~土
第2木
09:30~13:00/14:30~20:00
09:30~13:00
休診日 日・祝祭日
医院情報
住所 練馬区練馬4-15-2センチュリー豊島園3 1F
お問い合わせ TEL: 03-6767-2825
診療メニュー 一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科、インプラント、審美歯科、ホワイトニング、レーザー、

ページの先頭へ