ま行

「ま」

マウストレー

患者の歯型に合わせて作製される器具。マウスピースともいう。ホームホワイトニングを行う際などに使用される。

麻酔

点滴や注射器から麻酔薬を注入し、一時的に神経機能を低下させて、痛みの感覚や意識を消失させること。特に痛みをともなう治療をする場合に行われる。麻酔には全身麻酔と局所麻酔があるが、歯科治療ではほとんどの場合が局所麻酔である。

「み」

ミニマルインターベンション

「Minimal Intervention」、直訳すると「最小限の侵襲」。略してMIともいう。できるだけ歯を削らず、神経を残し、長期間にわたり健全な状態を保てる素材を使用し治療を行うこと。

ミュータンス菌

プラークや歯石に潜んでいる虫歯の原因菌。食べものに含まれる糖分を介して歯を溶かす酸を作り出す。生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在せず、親の口移しなどによって感染するとされている。

「め」

メタルフリー

金属を使用せず、セラミックやレジン(プラスチック)を用いた歯科治療のこと。天然歯と同様の色味や質感を再現でき、金属アレルギーの心配がない治療として広く知られている。

メタルボンド

クラウン(被せもの)の1つ。土台となる金属の外側にセラミックを焼き付けたもの。外側が自然な白色であるため、天然歯に比較的近い外観が得られ、さらに内部が金属であることから強度も高い。

ページの先頭へ

スマホで気軽に検索♪スマートフォンでも歯科タウン

掲載をご希望の医院様

貴院を歯科タウンに掲載しませんか?
随時お問い合わせ受付中!

詳細はこちら