大人の歯(永久歯)が生えたら

6歳以上 大人の歯(永久歯)が生えはじめたら

「乳歯は抜けるから大丈夫」と思っていませんか?

6歳前後になると、乳歯から大人の歯(永久歯)への生え替わりがはじまります。乳歯の下の歯ぐきには永久歯が成長してきていて、成長に合わせて乳歯が自然に抜け落ちていきます。

「乳歯は抜けるから虫歯になっても大丈夫」と思われがちですが、乳歯が虫歯になって抜歯した場合に、乳歯の根が歯ぐきの中に残ってしまうことがあります。すると、大人の歯はこの乳歯の根を避けるように生えてくるため、歯並びが悪くなってしまうことがあるのです。

大人の歯が生えそろう頃には、お子さんの歯磨きも上手になっていますが、まだまだママやパパのフォローが必要です。ケアのしかたを覚えて、すべて大人の歯に生え替わるまでサポートしてあげましょう。

>>ケアのしかたはこちら

ママに気をつけてほしいポイント

・六歳臼歯にシーラントを
6歳ごろになるとお口の奥に生えてくる最初の大人の歯(6歳臼歯)は、でこぼこしていて汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすいので注意が必要です。

ブラッシングだけではどうしても磨き残しができてしまい虫歯になりやすいので、歯科医院の「シーラント」を受けることをおすすめします。6歳臼歯は、食事のときにもグッと歯を食いしばるときにも、いちばん使う歯なので、しっかりケアしてあげましょう。

シーラント
シーラントでは、奥歯のでこぼこを埋めるように歯の色に近いプラスチック樹脂をすり込み、汚れが溜まりにくい歯にします。仕上げに、歯を強くするフッ素を塗ります。

・生えかたをチェックしてください
アゴが小さい場合、歯がまっすぐに生えずに歯の列からズレて生えてくることがあります。お子さんの歯をチェックしたときに、まっすぐ生えていない歯を見つけたら、一度歯医者さんで診てもらいましょう。

ページの先頭へ